黒木瞳の略歴

申し訳ございません。現在工事中です。。

身長163cm、血液型はA型。福岡県八女郡黒木町出身。剣道7段の腕前を持つ父親の影響もあり、小学4年生から中学2年生まで剣道を習っていた。 福岡県立八女高等学校在学時には演劇部に所属、部長として九州大会に進出。高校卒業後、熊本県の音楽大学への進学が決まっていたが、両親に内緒で宝塚音楽学校を受験する。受験費用を捻出できなかったため、当時交際していた男性から1万円を借りて受験した。面接での発言が筑後弁訛り一辺倒になった挙句、受験理由を尋ねられた際には「SKD(実際には間違ってSDKと発言)でもよかった」と爆弾発言をしたにもかかわらず、倍率22.4倍の難関をくぐり合格、1979年4月に宝塚音楽学校に入学。1981年に宝塚歌劇団に入団し『宝塚春の踊り』で初舞台(同期には北原遥子、真矢みき、涼風真世、毬藻えりらがいる)。 1982年1月より『おはよう朝日です・土曜日です』にレギュラー出演し、レポーターなどもこなした。 入団2年目(研2)の時に史上最速出世記録で、大地真央の相手役として月組トップ娘役に就任(就任については技量の未熟さがあるなどとバッシングやいやがらせもあったが、小顔で男役としては細身だった大地が同じような体格で度胸ある番組進行をこなしていた黒木に着目し、相手役にしたいと申し出たという)。 『あしびきの山の雫に』『シブーレット』『ガイズ&ドールズ』などに出演し、在団中は娘役でありながら大地に迫るほどのファンの支持や好感を獲得した。1985年、『二都物語/ヒートウェーブ』東京公演千秋楽付で大地と同時退団し、芸能界へと転進した(尚、今では珍しくない男役・女役のトップ同時退団は、宝塚の組ごとのトップスターが固定制になってから初のこと)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





CFD シストレステーション FXCMジャパン ドイコーヒー 口コミ・評判 日本史 勉強法 白内障 包茎 ひげ脱毛 リンパマッサージ デート 上野


リンク集1